多くの頭痛の原因は首や身体の歪みから⁉︎(大阪府枚方市)

 

「頭痛持ち」の日本人はおおよそ3000万近くおり、3~4人に1人が頭痛に悩まされています。

 

頭痛は、たいへん幅の広い症状で、痛み方はさまざまで、原因も多くあり、痛みの期間も人によって違います。
長期間、頭痛持ちとして暮らしているという人のなかには、痛み止めを肌身離さず持っておかないと不安だという人が多いようです。

 

頭痛は大きくわけて

緊張型頭痛、片(偏)頭痛、群発性頭痛といった三種類頭痛があります

その7~8割は緊張型頭痛で3割弱が片頭痛できわめて少ないのが群発性頭痛といわれています。

今回は1番多くみられる緊張型頭痛についてご紹介します。

症状としては

・後頭部から首筋にかけて突っぱった痛み
・頭がぎゅーとしめつけられるような圧迫感、頭重感
・頭をとりまくような痛み
・毎日のように、長時間にわたって頭痛が続く

 表現はさまざまですが、このような痛みの特徴に繋がります。

 

これはパソコン作業や座りっぱなし、長時間同じ姿勢で作業してたり首や肩にストレスがかかる格好でいるときに起こりやすくなります。
人間の頭の重さはおよそ5~6kgぐらいあり、
これはボウリングの球の重さぐらいになります。
そんな重い頭を首の前後の筋肉がバランスを保つことによってうまく支えられているのです。
首は頭を支える重要な部分であると同時にたくさんの神経も密集しています。いわば脳と全身の重要なつなぎ目にもあたるのです!(ここに脳幹部もあります)

パソコン作業をする時に頭が前に突き出たり、勉強や書き物や本を読む時に下を向いたり、長時間こういった状態でいると首が不安定になり頭と首の連結部分の筋肉(後頭下筋)も緊張してきます。

 

後頭下筋と呼ばれる筋肉群は多くの頭痛に関与しています。
この筋肉を緩めたりマッサージしたら、頭痛が一時的に楽になったりします。しかし根本を解決しないと元通りになってしまいます。つまり筋肉が硬くなる原因を解決しないとまた頭痛を引き起こし悪循環になるのです。

 

roujin_ikigire_man

 

ではどうすればいいのでしょうか⁇

本当に治さなくてはいけないのは緊張をつくっている姿勢なのです。

しかも身体の状態は一人一人みんな違います。

 

当院にこられた患者様にはどういった身体の状態で症状に繋がっているのかを検査し、しっかり理解してもらい、薬に頼らない状態まで改善されておられます。

確かに頭痛薬を飲めば、数十分後には痛みがおさまるかもしれません。しかし、それは頭痛の大もとを解決したことにはなりません。
頭痛の原因を把握し、根本から症状を改善していきましょう!

感謝

スタッフ 宇佐美太基

 

 

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp