デスクワークは腰痛の原因?座り方で変わる腰への負担!正しい腰に良い姿勢・座り方

腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く見られます。一生のうちに、腰痛を体験する
人は 実に 8割近いという報告があり日本の国民病とも言われています。

なぜ腰痛が多くみられるのか?

毎日仕事(デスクワーク主体)に追われるビジネスマン、また家庭においても家事の
ほとんどが前かがみになる主婦たち、また子供達まで含めて生活環境内にパソコンや
スマホが必需品となり、まさに背中が丸くなるのが当たり前の世の中になっていま
す。ある統計によると、現代人は毎日合計すると平均8時間以上座っているといわ
れ、一日の大半を座って過ごすということなっていると言われています。

Back-Pain

 

 

 

 

 

 

 

 

立っている時は体重を足にあらゆる関節に重さを分散させることができますが、座っ
ている姿勢は腰と骨盤部の(腰仙関節)合わせ目に、なんと体重の約7-8割の圧力が負
荷として最大限加わることになり、これでは要といわれる腰部が悲鳴を上げるのは当
然です。(椎間板、背骨の各関節、骨盤、そしてコルセット役の筋肉など全てがスト
レス下にあります

悲鳴を上げだした腰痛にこんな症状が出ていませんか??

このような危ないサインが出ていませんか??

・イスにずっと座っていることが、つらく感じるようになった。
・長時間座った後、立ち上がる時に痛みが出る。
・長時間立っているのがつらく感じるようになった。
・長時間立ってるとすぐに腰掛けたくなる。
・歩くのが嫌い。
・お腹がぽっこり出ててきた。

これは長時間座っていることで下腹部に圧が加わり、下腹部から股関節に繋がるイン
ナーマッスルの筋肉・腸腰筋(内蔵より深部に有り、腰椎に直接ついています)が硬
くなってしまい、立ち上がる時にこの筋がうまく伸びてくれないため背骨を伸ばせ
ず、腰痛を生じるのです。

この腸腰筋は身体を曲げたり、足を上げる時、歩いてる時、階段の登る時に関与して
います。(つまり太ももを持ち上げる筋肉ですね)
しっかり歩いてる人は腸腰筋をよく使っているのでほどよく柔軟性が有り、腰痛にな
りにくいのですが、逆にこの筋が弱っている人が立ったまま靴下をはこうとしたりす
ると、ギックリ腰が起こることになってしまいます。

ということは日常生活において、立位と座位の時間配分の差が腰痛の起こしやすさの
差につながるということですね。

自律神経の乱れは姿勢から!?

パソコン作業を行う姿勢や、使用する椅子、机等の高さなど、また作業時間の長さや
室内の明るさなどまで含めた細かい部分まで注意しないと、すべての間違を脳が覚え
てしまい、筋肉がそのまま固まっていき、やがて身体が崩れてくるのです。

本来、ある程度の関節や筋肉の痛みや歪みは、自然治癒力が働いて修復し始め治るの
ですが、その自然治癒力自体の力がが落ちていたらどうなるでしょうか・・・。

この自然治癒力発動の源と言われているのが首と頭の連結部分の奥にある脳幹部
なのです

モニターをみるために頭部を前屈みにしたり、椅子に腰掛ける時に浅く腰掛けて猫背
状態が続いたり、疲れからつい頬ずえをついてしまったり・・・と現代人はとかく悪
姿勢になりがちです。問題なのはそれらの悪姿勢が常態化(癖になってしまう)して
しまうと、もはや自分で意識して戻そうとしても、体が覚えてしまっていて、なかな
か修正が効かなくなることなのです。

そして筋肉が硬くなるのは上記のことだけではなく、怒ったり、緊張したり、不安に
なったりと、精神面からくる自律神経の乱れから緊張性の交感神経が興奮し、筋肉の
痛みやコリを引き起こし、首肩コリをはじめ腕の疲れやしびれ、やがて腰背痛や膝痛
などの下肢症状にまで進んでいってしまうのです。
したがって治療は患部の肩や腰(対症療法)だけでなく、原因療法としての自律神経
の源である脳幹部をメインにする必要があるのです(この部位はリラックス性の副交
感神経があります

stock-footage-hurt-spine-male-hurt-backbone-backache-headache-vertebrae-pain

その他にも睡眠不足や、栄養不足でも筋肉に充分な酸素や栄養素が取り入れないた
め、疲労物質が溜まり、筋肉が硬くこわばり痛みを生じます。特に現代人は新鮮な野
菜などが不足しており、それに伴ってミネラル(特に筋肉の収縮に必要なカルシウム
など)が不足状態で、その結果、周囲の関節や靭帯に負荷が増しさらなる痛みの原因
になります。

こういった症状の時に整形外科に行って、レントゲンやMRIを撮ってもらっても異常
はないですと言われることが多いですが、
こうした状態をそのまま放置しておくと、やがて筋肉は我慢の限界を超え、支えきれ
ずに骨に直接圧力がかかり始め、椎間板が押し出されることになり結果、ヘルニアや
坐骨神経痛、ひどいぎっくり腰、下肢のしびれ、身体の歪み、骨の変形、などといっ
た症状に繋がっていくことになります。

「たかが腰痛、そのうち治るさ」と軽くお考えのあなた!上記のような痛い目にあう
前に、本来の自然治癒力がしっかり働いてくれる正しい姿勢を脳に覚えさせるため
に、今から生活改善に励みましょう!

「心と体の健康相談室」の当院で、まずは体の歪みチェックから始めませんか?症状
改善はもとより、あなたにあった最善のストレッチ方向まで、しっかりとサポートさ
せていただきます。
一人で悩んでいないで、どうぞお気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ち
しております。

感謝

スタッフ 宇佐美太基


 

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp