首の硬さが、太りやすくて痩せにくい原因に・・・??

 

まずい生活習慣の乱れ・・・。

現代人はストレスまみれの生活から、食生活の乱れや、運動不足などが重なり、どうしても肥満気味になりがちです。

一件見た目はやせ型でも、下腹部や二の腕には余計なにっくき脂肪がたっぷりとついてしまって、服のサイズがひとサイズ大きめを選ばないといけないことになっていませんか。

 

お腹をつまむ女性

 

夏に向かって、「これではいけない!」と急に思い立ったように始めた運動や様々なダイエットも、ほとんどが三日坊主で終わるのがオチなんではないですか?

 

ac03-06

 

 

血行不良が肥満の原因?

血液は栄養や酸素を運ぶのと同時に、体中に熱エネルギーも運んでいます。したがって血液のめぐりが悪くなると熱も届けてもらえなくなり、体が冷えて、内臓器の働きが悪くなり、結果として排泄機能が弱くなってしまいます(慢性便秘の原因にもなるのです)。

こうなると体内(特に下半身)に余分な水分が溜まってしまい、むくみの原因となり、俗に言う「水ぶとり状態」になって、体重も増えてしまう羽目になるのです。

 

d2301

 

年齢とともに基礎代謝能力も落ちてきますから、「この頃、何を食べてもすぐに太るし、痩せにくくなってきたわ~!」と嘆いておられる方も多いのですが、肥満は見た目だけの問題ではなく、糖尿病、脳や心臓の血管障害などの生命にかかわる重病につながることにもなり、笑って見過ごすことができない社会問題にもなりつつあります(メタボリック症候群

 

clip_image002

 

首をゆるめて自律神経を整えると・・・?

首(特に「脳幹部」、上部頚椎と呼ばれる頭と首の連結部分)は血流などの監視を行う自律神経系の中枢部分でもあり、ここのストレスを解放することで、全身への血流が良くなって行き、内臓器が元気に働き出し、余分な水分をどんどん体外に排出し始めます。

 

img07_02

 

また、血流が良くなるにつれて、冷えが解消され、少しづつ体温が上昇し、結果として余分な体脂肪を燃焼させることにつながる「基礎代謝」がアップするのです。基礎代謝とは、呼吸や食べ物の消化・吸収という、生命の維持に必要な最低限の活動で消費されるエネルギーのことをいいます。つまり、何もせずに、ただじっとしている時にもより多くのカロリーを消費する能力が上がるということです(いくら食べても太らないという人は、実はこの能力が高いのかもしれませんね

 

11587779378191029816677ac1aeeec8_s-320x214

 

加えて、体温が高くなっていくにつれて、体に備わった免疫力も同時に上がって行きますので、風邪などの病気にかかりにくい元気な体になっていくため、なんとなく体を動かしたくなるような気分になってくるので、まさに一石二鳥のダイエット効果につながることになりますね!

 

sport3

 

首の調整は慎重に!

このように体の働きをコントロールする重要な脳につながる(上部頚椎)ですが、生命の源とも言われる崇高な場所ですから、重要な神経や血管などが緻密に束ねられて通っている非常にデリケートな部分でもあります。

それだけに、この部分への施術は、理論に基づいたきちんとした検査のもとに、慎重の上にも慎重を重ねたソフトで優しいテクニックが求められます。体の中に大事でないところはないのですが、こと首に関しては、その全身への影響力の強さから、特に最小限の刺激下での調整が必要とされています。

 

mqdefault

 

なんとなく調子が出ない、前向きになれない、疲れが抜け切らない、動くのが億劫・・・・結果、家にこもりがちでほとんど動かず、それでいて3食きちんと食べて、間食までしている・・・・これで太らないはずがありません!

 

 

 

首の疲れを解放して、体に優しい食事を考え、心地よく体を動かす・・・・・夏に向かってそろそろ生活習慣をリセットしたほうがいいんじゃないですか!

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp