生命の蛇口「首」を開くことが健康への近道になる!大阪府枚方市の脳幹治療専門院 中央カイロ院枚方

 

<首に集まる大事な器官!>

 

image01

 

首にコリ、痛み、緊張は大事なサイン!!

国民病とも言える「肩こり」、P・Cの普及により男女を問わず多くの方たちを悩ませている現状ですが、実際のところは、そのほとんどが「肩」ではなく「首コリ」であることが多いようです。しかもこの部分の怖いのは、単なる首コリという局所的な症状ににとどまらず、ここを痛めると全身に様々な疾患を引き起こしてしまう可能性があるのです。

頭とカラダを結ぶ細い部分でありながら、首には重要な血管・リンパ管・神経が所狭しと通っていますが、毎日の不良姿勢による重い頭を支える負担、加齢による筋肉の衰え、退行性変性による骨や軟骨の変形などが重なって、首に異常な歪みが生じ、結果、それらが圧迫されることになります。

まず、首を通っている頚動脈は、頭部に血液を送り、頭内の各器官を養っています。したがって、このルートが圧迫を受けると、目・耳・口・鼻などで様々な症状の発症の原因になります。

例えば目の症状では、視力の低下(仮性近視や老眼)、ドライアイ、かすみ目、疲れ目、目の奥が痛い・・・など。耳の症状では難聴、メニエール症状、耳鳴りの一部など。口の症状では、歯周病、ドライマウス、口内の乾き(それによる口臭)・・・など。また、頚動脈に加えて、頚椎の中のトンネルを通っている椎骨動脈が圧迫されると、血圧の異常や頭痛、めまい、ふらつきといった症状も出てきます。

Anatomy of the Cervical Region

 

美容系、メンタル系、婦人科系疾患にも関与

次に血管と共にリンパ管も圧迫されることで、顔のむくみや、二重あご、といった美容系へのダメージにもつながって来ることになります。

hifu_ip_05

一方、首の中を通っているもうひとつの大事な器官である副交感神経(体をリラックスさせる神経)が圧迫されることにより、症状が悪化するものとして、東京脳神経センターの松井医博も常々言われている、鬱・パニック症候群・不安神経症・何もやる気が起こらない・・・などのメンタル疾患があります。(近年非常にこのタイプの方は増えています)

70f25844b4d8776f1e2c

また、副交感神経の一つである迷走神経は、首から下がって上半身全体の臓器、大腸の一部までを支配しています。したがって、首の骨が圧迫されると胸腹部の各臓器に影響が出て、不整脈や動悸、息切れ、肝機能の低下、胃腸の不調・・・などが現れます(むち打ち症で首にダメージが来ると、胃がムカムカするという症状は、正にこの神経が悪刺激を受けているということになりますね)

index_iapp

さらに副交感神経は、骨盤内蔵神経の中継を経て、生殖器や泌尿器にも影響を及ぼし、頻尿や便通異常、月経不順、腎機能の低下などにも関わってきます。(首の調整だけで、慢性便秘や、きつい生理痛が速やかに改善されることも少なくありません・・・(お薬の効果があまり感じられない方は、一度首をチェックしてみてください)

首には副交感神経とは別に、運動神経や感覚神経も通っていますが、これらの圧迫があると、まず運動神経領域では握力低下や腕力の低下などの筋力低下の原因となり、顎関節症、五十肩、肩甲骨まわりの異常などの上半身だけでなく、全身の骨格に影響が及び始め、やがて足腰の痛みや歩行障害にまで発展してしまうことになります。また、感覚神経領域の問題としては、しびれや痛みはもとより、ひどい冷えや感覚麻痺などの症状につながっていきます。

歪み

もちろん、これらの症状の原因すべてが首にあるとは言えず、さまざまな原因が混在していることが多いですが、少なくとも全身に及ぶ、心と体の慢性病に「首の不調」が関わっていることが非常に多いということはぜひ知っておいていただきたいと思います。(首が歪むととすべてが歪む!ということですね)

nagare-ani

様々な慢性症状でお悩みの皆さん、どうか一人で悩んでいないでお気軽にご相談くださいね。

優しく脳幹を調整して、心体を癒してあげてください・・・・・。

心身セラピストの院長が、優しい脳幹調整(座楽&寝楽)を京阪枚方市で行っています。

心と体の健康相談院  中央カイロプラクティック枚方本院

 

 

 

 

 

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp