泣くことは最高の自律神経調整法!?

目から流れる「3つの涙」

涙といっても、人間の涙は1種類ではなく、実は3種類あります。

 

一つ目は、目を保護するために常に眼球を潤している涙で「基礎分泌の涙」と呼ばれます。

二つ目は、目にゴミが入ったときや、玉ねぎを切った時に出てくる「反射の涙」です。

そして三つ目が、悲しいときや感動した時に流す「情動の涙」です。

 

ダウンロード

 

この三つ目の情動の涙は、人間にしか流せない涙で、抗ストレス能力を持っているのです!

 

泣くことがうつの予防になるかも?

悔し涙も、悲しみの涙も、そして感動の涙も、すべて「情動の涙」に含まれます。人はそれぞれの人生の中で、こうしたさまざまな情動の涙を経験しながら成長していきます。

 

2111336i

 

 

実は情動の涙なら、どの種類の涙でも、脳にとってはストレス解消になるようです。なぜなら、涙を流す涙腺は、副交感神経のコントロール下にあるからです。したがって、涙は副交感神経の興奮によって流れているということになります。

 

一般的に「ストレス状態」というのは、交感神経の緊張が非常に高まっている状態をいいます。人は起きている間は交感神経が優位に働きますから、覚醒状態にある限り、活動型の交感神経の緊張を緩めることはなかなかできません。この緊張を緩める最も簡単な方法は「寝ること」であり、こうすれば自然と副交感神経優位に切り替わり、ストレス緩和されていきます。

 

 

to-yen-giup-tang-cuong-tri-nao-va-tao-giac-ngu-ngon-hon

 

しかし、起きている状況(覚醒状態)にありながら、副交感神経優位に切り替える方法がひとつだけ存在します。それが「情動の涙」を流すことなのです。つまり涙を流すことがストレス解消になり、リラックス効果を生むのです!

 

pose_kandou_man

 

 

人はいろいろな場面で様々なストレスを感じ、それをなんとか乗り越えた時に交感神経から副交感神経に変わり、開放からのリラックス感を味わいます。情動の涙が流れるとストレスが解消されるのは、脳内が交感神経の緊張状態から、副交感神経にチェンジされるからなのです。

 

泣きたいのに泣けないうつ状態の人たち

本当はストレスが溜まって苦しいのに「泣きたくても泣けない」という症状を訴える人達がいます。それは「うつ状態」の方たちです。

うつ状態の人たちが泣きたくても泣けないのは、前頭前野の機能低下が原因です。なぜなら、情動の涙(嬉し悲し、悔し、感動など)には、そのどれにも前頭前野が関わっているからです。

 

imagesN66PZZE0

 

単なる不快から生じるストレスには仕事脳が、悔し悲し涙は快が得られなくなったストレスが関係しているので学習脳が、そして共感を必要とする感動の涙には共感脳がそれぞれ関わっています。そのため、これらの脳がきちんと機能していないと、泣きたくても泣くことができなくなってしまうのです。 (脳からストレスを消す技術 有田秀穂先生著 より)

現代人は前頭前野(特にDLPFC左背外側前頭前野)が疲れてしまって機能低下し、メンタル疾患につながっていることがとても多くなっています。この部分の活性化がとても重要な鍵になるのです。

 

o0526027913077875982

 

泣きたい時には素直に大泣きして、スカッとストレス発散したいものですね!

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp