イライラ、不安、うつ状態・・・なんでも心のせいにしないで!メンタル症状を身体から癒す枚方市の中央カイロプラクティック院枚方

 

いつもよりイライラしたときは「身体」をチェック!

これという原因はないのに、「なんだかやる気が出ない」ということは、誰にでもあることですが、こういう時に「あの人に言われたことがストレスになっているんじゃないかな?」とか、「自分は他の人より気が弱いのかな?」などと考えるより。

まず、「自分の体は今、大丈夫か?」「体の方からまいっているんじゃないかな?」と考えてみてください。

images

メンタル疾患の原因は、「心身一如」の字の如く、心&身体の両面からのケアーがなくては解決できません!

・仕事の処理を家まで持ち帰ったり、気分転換のつもりのゲームに夢中になり、ついつい睡眠時間を削って夜ふかし状態になっている。

・質の良い(ビタミン、ミネラルがしっかり入った)食事が規則正しく摂れているか?コンビニ弁当やインスタント&冷凍食品などを摂りすぎていないか?

・適度に運動をしているか(血流改善&毒素排泄には発汗運動が必要です)

・エアコンの使いすぎで体を必要以上に冷やしすぎて、免疫力の低下を招いていないか?

・アルコールを飲み過ぎたり、深夜にラーメンなど(動物性脂肪食)を過食していないか?

・「疲れた時には甘いもの」といった間違った情報を鵜呑みにして、体が酸性状態&低血糖状態に陥り、何もする気がしないほど血液が汚れてしまっている。

上記のような生活状況が続いていては、身体はおろか、心までも病んでしまっても決しておかしくはありません! イライラや体のだるさ、やる気が起こらないといったメンタル特有の症状が出ていたら、まず、自分の生活習慣を振り返ってみてください。

 

無題

心の弱さ?いやいや身体(特に脳幹)の歪みでしょう~!

 

 

noukan2 (1)

「何かやる気が出ないな~」「ストレスに負けてるのかな~」といった自覚症状が出てきた時には、すでに体の不調は相当進んでいると考えるべきです!

・いつもなら簡単に笑って済ませる些細なことに「ブチッ!」ときて、イライラしてしまう。

・単純なミスを繰り返してしまう。

・午後から急に眠くなり、上司からよく注意を受ける。

このようなことが以前からあったのではないでしょうか? こういう変調がでてきたら、すぐに「身体は大丈夫か?」ということを考えてみて、チェックにかかってください。多くの場合、生活習慣上で要改善の思い当たるフシがあるはずです。

 

 

roujin_ikigire_man

 

体の動きはスムーズですか?

ちょっとした空き時間にでも試してみてください。

立位で体幹を前屈・後屈・左右への側屈(倒す)、また座位で同じ体幹の3次元の動き&首の前後、左右、ねじれのチェック等・・・動きにぎこちなさや左右の差、また痛みやコリ感などがでていませんか?(特に首に関しては、頭と首の連結部分の脳幹部に自律神経の源がありますから、単に片側の動きが悪い・・・では済まされなくなります)

当院ではH・Pでも紹介しておりますが、背もたれにきちんと体を預けた状態で、腕を前に伸ばし(指先まできちんと伸ばした「前へならえ!」の状態ですね)、

その左右の長さの違いをチェックします・・・・腕の長さの違いが、体を前屈した時と後屈した時で変化しませんか?(誰かに診てもらうとはっきりします)、

前屈で腕の長さが揃うタイプ(いつも後ろ重心で体を壊すタイプ)また、前屈で腕が狂うタイプ(いつも前重心で猫背になりやすく、腰&背中にいつもコリを感じているタイプ)に分かれます。

もちろんこれは前後の問題だけですから、これに左右の重心移動、また左右のねじれ等の歪みが複合的に体に癖として染み付くことになります。

 

 

img07_02

 

肩こりや腰痛を治すということは、身体の歪みの癖を治すということです!

ある整形外科医の先生の書かれた本に「肩こりは揉むほど治せない!」というのがありましたが、まさにその通りで、体中に起こる痛みやコリは、一部の内蔵性疾患からのものを除いては、その殆どの原因は、体の歪みの癖から起こる血流不全&神経疾患が原因での筋肉の拘縮などが主因ですので、揉んだりさすったりの施術は、心地よいものではありますが、決してコリや痛みの原因を治しているのではなく、癒しの世界ということを忘れないで、その繰り返しを続けていると、最後には過剰刺激が欲しくなり、毛細血管を傷つけることとなったり、頚椎への思わぬ事故に繋がることもままあるようですので、注意が必要です。

 

頚椎(特に頭との連結部の「脳幹部」)の歪みは、自律神経の不調を生み出してしまいます。

自律神経にはご存知のように「交感神経・・・活動時の神経」「副交感神経・・・リラックス時の神経」に分けられますが、ざっくり言うと頚椎と骨盤からは、副交感神経が、その間の背骨からは、交感神経が出ています。

したがって、体の使い方の癖(特に事務職の方などの座位姿勢)によって、首や骨盤に疲れがたまってくると、リラックス状態になりづらくなってきて、それは長期に続くと、うつ状態をはじめとするいろいろなメンタル疾患につながっていくことになるのです。

sot_003

 

心の問題を身体から考えねば、真の解決にはならない!おわかりいただけましたでしょうか?

 

身体の癖は人それぞれで違います、きちんと自分の歪みを調べないと、余計なストレッチなどは逆効果になるおそれが・・・・。

さきほどもお伝えしましたように、体には3次元での歪みが存在します、左右重心タイプ・前後重心タイプ・左右ねじれタイプ・・・これに首の歪みがプラスされますから、厳密には自分では捉えきれるものではありませんので、お近くの中央カイログループの院にての正確なチェックを受けていただきたいです。

想像してみてください・・・・体が傾いたままでのウォーキングやランニング、体がねじれたままでのマシーン運動やスイミング、前後重心が偏ったままでの回転競技スポーツ・・・・どれをとっても体をいじめているだけで、決して効果的なパフォーマンスは期待できるものではありません!

体調は悪くないのに結果が伴わない・・・スポーツ選手に多いこのような状態は、はほぼ間違いなく「重心軸」が狂っています。

chin_01

 

今一度、座位での腕の長さのチェックをしてみてください、意外なところに原因があるかもしれませんよ!

これは体の問題も心の問題も同じです。

まずは身体を整える、それができれば、「心」は後から自然についてくる・・・・・忘れないで!

imagesB1UA2F11

 

※もし、原因が思い当たらず、あるいは思い当たる部分を改善しても回復しないときは、病院での検査も必要になります。(肝臓や腎臓そのものの問題があるときも、食欲が落ちたり、解毒族機機能の低下により、血液が汚れてしまい、すべてのパフォーマンスがダウンすることになるからです。これは体力や気力で解決する問題ではありません。

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp