うつ病や自律神経失調症は呼吸が浅いのはご存知でしょうか⁇

 

img05

 

当院に来院されている患者様も
『息苦しい』、『呼吸がしにくい』、『うまく息が吸えない』
など、自分の呼吸に違和感を感じ、悩まれる方が多くみられます。

頑張って息を深く吸い込もうとしても、のどや胸が締め付けられるような感覚になったり、吸った感覚があまりないとおっしゃられます。

 

imagesCAY7GPUA

 

このような症状を病院で訴えても、ほとんどの方が『異常なし』と診断を受け、『精神的なものでしょう』、『気になるようであれば、薬を出しておきますよ。』
と言われるそうです。

a

 

なぜ呼吸しにくくなるのか⁇

人は酸素を吸い込むことで生きていくことができるのですが、
呼吸運動は無意識のうちに行われています。

呼吸運動が正常にできているのは『脳幹』がきちんとコントロールして働いてくれているからなのです。(脳幹に呼吸中枢があります)

ところが日々の不良姿勢などで首(上部頚椎)が歪んでしまうと、脳幹はたちまち締め付けられてしまいます。

すると、脳幹の機能が低下してしまい、呼吸だけでなく体温、血液循環、睡眠、自律神経系にも影響し、体の不調だけでなく、うつやメンタル疾患にも繋がることになるのです。

当院ではこの脳幹部を重要視し、脳幹療法を行っています。
(脳幹療法とは、上部頚椎(頭と首の連結部)の歪みを無痛で開放し、本来備わっている脳幹の働きを正常に機能させる治療法です。)

 

matumoto_keitui
リラックスしている時は、
人は自然と深い呼吸になっており、自律神経も安定した良い状態と言われています。(副交感神経優位)

逆に活動時や、緊張状態、ストレス状態の時は呼吸も早くなり、浅い呼吸になっています。(交感神経優位)

 

良い呼吸は姿勢から‼︎

呼吸がしにくいのは悪姿勢の結果、脳幹を締め付けて、自律神経のバランスを狂わせていることに関係しています。
まずは姿勢を正すことと、ストレスまみれで疲れきった脳幹をケアしていきましょう!

 

imagesB1UA2F11

 

ご縁に感謝!

スタッフ 宇佐美太基

 

脳幹調整とソフトカイロ療法で「心と体」の両面をサポートする専門院!

  denwa 無題1      

Author Profile

金田 直樹
金田 直樹
大阪府枚方市の治療院 中央カイロプラクティック院枚方の院長 金田直樹です。松本式脳幹療法、PAAC認定師SOT、動体療法関西本部長、宮島式メンタルセラピスト。腰痛・座骨神経痛・うつ・頭痛・首痛不調はご相談ください。http://sot.jp